sunflower

ソムリエ2年生がワイン初心者向けにワインのことや、ソムリエ試験受験者のためにソムリエ試験対策などについて書いていきます。

ワインレビュー【シャトー・プティ・ヴィラージュ】

今回もワインレビューでございます。

今回は初めての赤ワインのレビュー!以外にも今まで赤ワインのレビューをしていなかったんだな。

 

f:id:coffeesugar:20180130160943j:plain

 

f:id:coffeesugar:20180130161011j:plain

 

シャトー・プティ・ヴィラージュ

品種:メルローカベルネ・フランカベルネ・ソーヴィニヨン

産地:ボルドーのポムロール地区

外観:濃い赤紫

香り:カシス、ドライフルーツ、森の下草、樽、土、プルーン

おすすめの温度:15〜17度

 

 

今回のワインはボルドーは右岸のポムロール地区に位置するシャトー。

ボルドーについて詳しく知りたい方はこちら

ワイン初心者向け!ボルドー地方について解説! - sunflower

 

 

プティ・ヴィラージュの畑は砂利が多く、鉄分を多く含んだ粘土も混在しています。

ぶどうの平均樹齢は約30年。

新樽率は60%〜70%で15ヶ月熟成が行われています。 

所有面積約10,5はクタールというポムロールの小規模シャトー。

イギリスのワイン評論家であるヒュー・ジョンソン氏は「蘇ったトップクラスの地所。プラムのフレーバーのある、力強いワイン」

「最高位の地所だが、更に上を目指している」と高評価の★★★(トリプルスター)をつけるほどの実力を持っている。

 

全体的な評価

グラスにワインを注いだ瞬間から心地よいカシスやブラックベリーのような香りが立ち上ります。抜栓したてのときはまだまだ酸が強く近寄りがたい感じでしたが、徐々に酸がまろやかになり、複雑さが増してきました。これがポムロール屈指のシャトーのワインかと。

幸せな気持ちになりました(^o^)

赤身のお肉料理全般に会いますね。ソースは濃厚な赤ワインソース。間違いないですね(^q^)

ちょっと贅沢したいときにおすすめの一本です!

 

 

 

【ワインレビュー】「ムルソー レ・ティレ」ドメーヌ・デュポン・ファン

さて、今回もワインレビューしていきます。

 

これまでのワインレビュー記事はこちらから

 

www.sonflower-wine.com

 

 

www.sonflower-wine.com

 

 

www.sonflower-wine.com

 

 

 

今回のレビューワインはこちら

f:id:coffeesugar:20180124162212j:plain

f:id:coffeesugar:20180124162237j:plain

 

ムルソー”レ・ティレ” ドメーヌ・デュポン・ファン

品種:シャルドネ

産地:フランス、ブルゴーニュ地方ムルソー

外観:レモンイエロー

香り:ライム、レモン、グレープフルーツ、炒ったアーモンド、バター

おすすめの温度:10度〜12度

 

 

今回はフランス、ブルゴーニュ地方の「ムルソー」のワインです。

ブルゴーニュ地方について詳しく知りたい方はこちらでブルゴーニュ地方について解説しています。⇨フランスワインの銘醸地「ブルゴーニュ」

 

 

ムルソー」はブルゴーニュ地方、コート・ド・ボーヌ地区、ムルソー村のこと。「レ・ティレ」とはムルソー村にある畑の名前です。

つまり、このワインはムルソー村の「レ・ティレ」という畑から穫れたぶどうを使用して作られたワインということです。

 「レ・ティレ」はムルソーの中でも最も標高が高い位置に畑があります。「ティレ」とは「ライム」のことを指し、この畑の周りにはライムの気が植えられています。

そのせいかわかりませんが、このワインは普通のムルソーに比べると柑橘系の酸味が強い感じがしました。

 

 

 全体的な評価

ムルソーワインの特徴は何と言っても芳醇な香りとトロっとしたクリーミーな口当たりです。また、若い時と熟成が進んだときのギャップというか味わいの違いもムルソーの特徴の一つです。

若いワインだと炒ったアーモンドやバターのようなニュアンスが強くて柑橘系の香りはや酸味は控えめなんですが、このワインは少しライムのような風味も混ざり、柑橘系の香りが強く、酸味も主張している感じがしました。

 

 このワインとはマリネしたブリのムニエルと合わせましたが、最高のマリアージュでした!

ブリはレモンとオリーブオイルでマリネし、ソースは焦がしバターにトマト、パセリ、レモン汁を加えたグルノーブル風のソースにしました。

この料理がムルソーに合わないはずがない!という確信を持って合わせましたが、間違いなかったです。

うん。また合わせたい組み合わせでした。

 

やっぱりこうやってワインと料理をペアで楽しむのがワインの最高の楽しみ方だなーと思います。

みなさんもぜひ、試してみてください!

 

 

 

紹介したワインはこちらから購入出来ます!

 

【ワインレビュー】「シャトー・メルシャン 新鶴シャルドネ」を飲んでみた

今回は先日に飲んだシャトー・メルシャンの「新鶴シャルドネについてレビューしていきたいと思います。

 

 

f:id:coffeesugar:20180115162921j:plain

 

f:id:coffeesugar:20180115162930j:plain

 

 

「新鶴シャルドネ」は福島県会津地方、会津美里町新鶴地区の畑で取れたシャルドネを使用して造られたワインです。

 

シャトー・メルシャン 新鶴シャルドネ

品種:シャルドネ

産地:福島県会津美里町新鶴地区

外観:グリーンがかったイエロー

香り:パイナップル、ミネラル、ハーブ、トースト、ヨーグルト、樽、青りんご

甘辛度:辛口

おすすめの温度:10〜12度

 

全体的な評価

僕の地元である福島県会津地方。会津美里町の新鶴地区で栽培されたシャルドネを100%使った白ワインです。

地元のワインということで多少良く評価してしまうこともあるかもしれないですが、悪しからず。

外観は薄くグリーンがかったイエロー。

香りを嗅いだらパイナップルやライムなどのような香りと樽熟成によるトーストのような香りが特徴的です。

そこにミネラルやハーブがまざっている感じですね。

 人によってはちょっと樽香が気になるかなと思いますが、樽香が好きな方にはおすすめの一本です!

 

正直、日本のシャルドネでここまでしっかりと樽熟成由来の香りが強く、しっかりとコクがある白ワインが造られていることに驚きました。

よく言われるようにもっと水っぽいかなと思いましたが、全然そんなことはありませんでした。

とても良いシャルドネだと思います。

 

 

 

生産者の努力

このようなコクの有るシャルドネを栽培出来ているのには生産者の方の試行錯誤があるからなんです。

このワインに使われるシャルドネは収穫量を抑えてぶどうの一房一房に栄養を集中させて凝縮感を高めています。

実はこの新鶴地区はぶどう収穫前の秋に雨が降ることが多く、ぶどうが病気になってしまうことが度々ありました。そこで生産者自らが独自の雨よけ対策を実施して収穫前に降る雨を凌ぎ、ぶどうを完熟させることに成功しました。

これらのような努力があって日本でトップクラスの白ワインが造られているんです。

航空会社のファーストクラスにも採用された経歴があったり、ワインの国際コンクールにおいても受賞歴も数多くあります。

ワインの本場であるフランスでも認められつつあるこの「新鶴シャルドネ

ぜひ、お試しください!

 

ご購入はこちらから⇨<【あす楽】 シャトー メルシャン 新鶴シャルドネ 2016 750ml/p>

まだフランスの勉強しているの?

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

 

 

2018年はどんな年にしたいですか?

僕はソムリエ試験に去年受かったので、今年は同じソムリエ協会がやっている日本酒の資格を取ろうかなと思っております。

 

www.sonflower-wine.com

 

 

さて、今年にソムリエ試験を受験しようと考えているあなた。

勉強は進んでいますか?

 

受験する予定だけど、3月ぐらいから勉強を始めようと思っているあなた。

3月からじゃ遅いですよ。今日から勉強を始めましょう。

 

ちょっと今回はソムリエ試験を受験しようと考えている方に向けて書きたいと思います。

 

 

早く次に行って何回も繰り返して覚えるのがコツ

いまどのぐらい勉強が進んでいますか?

僕は、去年の今の時期はフランス、イタリア、スペイン、ポルトガルは一通り終わり、ニューワールドの勉強に突入しようかという感じでした。

まだフランスやっているという方、遅いです。早く終わらせて次に行きましょう。

一回で完璧に覚えなくていいんです。

試験日までに何度も繰り返しやって覚えられればいいんですから。

 

というより、フランスからの出題数は年々少なくなっています。

フランスからの出題数は全体の3割程度です。

そして、年々多くなってきているのがニューワールドや日本からの出題。

アメリカ、ニュージーランド、オーストラリア、チリなどなど。

フランスだけ勉強していても受かりません。

どんどん先に進んで、何回も繰り返して勉強しましょう。

 

「半年前ぐらいから勉強しよう」は遅い

 フランスだけ勉強している人よりもやばいのが「半年前ぐらいから勉強しよう」と思っている人。

今年ののソムリエ試験を受験しようとしているのにまだ教本も買っていなくて勉強していない人はかなりやばいと思う。

もちろん、その人が暗記力が他の人よりもあって勉強する時間を確保することができれば問題ないけど。

 

 ソムリエ試験を受験しようと考えている人は飲食店で働いている人やCAが多いだろう。そうなると職業柄、勉強する時間がない人が多い。

僕は飲食店で働きながらソムリエ試験を受験したが、仕事のある日はほとんど勉強する時間が無い。

勉強時間を確保するには睡眠時間を削るしかないのだ。

 

勉強を始めるのが遅ければ遅いほど、一日の勉強時間を多く確保しなければいけなくなる。そうなると大変だ。

 

今日から30分でもいいから毎日勉強する習慣をつけよう。

 

ソムリエ試験まであと7ヶ月 

今年のソムリエ試験まであと7ヶ月です。

この7ヶ月をどのように過ごすかがとても重要になってきます。

テイスティングの勉強も今から少しずつやっていくと良いでしょう。

ワインをまだ飲みなれていない人はワインのそれぞれの個性、特徴をつかめるようにしましょう。

ワインをある程度飲みなれている方は品種ごとの特徴や産地ごとの特徴を掴んで覚えるようにしてください。

テイスティングでもフランスだけでなくニューワールドのワインも積極的に飲むようにしてください。

昨年の2次試験ではフランスのワインは出ませんでした。国で言うと日本、イタリア、オーストラリアのワインでした。

もはやソムリエ試験においてフランスはあまり重要ではなくなってきました。

正確に言うと重要ではないというか、知っていて当たり前という感じですね。

試験に出すまでもないという感じです。 

 

 

今年、ソムリエ試験を受験する方、今から本気で勉強して行きましょう。

今から本気で勉強すれば合格する可能性がぐっと高まります。

がんばってください!!

 

 

 

 

クリスマスにおすすめの赤ワイン!お手頃1,000円台から10,000円台まで!

 


www.sonflower-wine.com

 

前回は「クリスマスに飲みたいシャンパン」についての記事を書きました。

シャンパンに続いて今回は赤ワインについて僕のおすすめを書いていきたいと思います。

クリスマスといったら、ローストチキンやローストビーフ

お肉との相性が良い赤ワインばかりを集めました。

お値段的にも気軽に購入できるものからプレミアムワインまでご紹介しています。

ご予算にあったワイン選びの参考にしてみてください! 

 

 

ハイコスパ!!1000円台で買える自然派ワイン! 

 

コート・デュ・ローヌ・ヴィエイユ・ヴィーニュ/ドメーヌ・ダンデゾン

フランスはローヌ地方の自然派ワインの造り手「ドメーヌ・ダンデゾン」 

ラベルの牛のマークが特徴的なフルボディの赤ワイン。

生産者が牛が好きなことから牛のマークを入れたとか。

牛好きの生産者が造る、牛マークが入ったワイン!

牛肉と相性が悪いはずがありません!

ぜひ、牛肉のステーキやローストビーフと一緒にお召し上がりください。

 

 

日本で一番輸入されているボルドーワイン「ムートン・カデ・ルージュ」

 

 僕自身もこのワインが好きで何度か飲んでいるワイン。

お手軽で購入できるけど、味わいもしっかりとしたお手軽ボルドーです。

ボルドーの格付け1級に君臨する「シャトー・ムートン・ロートシルト」がもっとカジュアルにワインを楽しんでもらいたいとの想いから作られたこのワイン。

日本でもすごく人気があり、日本に輸入されているボルドーワインの中では輸入1位を誇るこのワイン。

ぜひ、クリスマスの機会にお試しください! 

 

 

ハートマークのラベルが特徴「カロン・セギュール

 

こちらは、クリスマスやバレンタインデーでは定番の「カロン・セギュール

ボルドーメドック地区格付け3級の「シャトー・カロン・セギュール」の3rdラベルになります。

3rdだからといって侮ることなかれ!

しっかりフルボディのボルドーワイン!

ご予算に合わせて2nd、

 

 

本命の公式格付け3級もございます!

こちらは少し根が張りますが。予算がある方はご検討してみてはいかがですか?

 

 

カリフォルニアの名門!ボーリューヴィンヤード

 

アメリカにおいて1920年から1933年まで禁酒法という法律があり、お酒の飲酒、製造輸入などすべてが禁止されていた時代がありました。

しかし、政府の特例でミサ用ワインとしてアメリカ国内で7つのワイナリーだけがワインの生産を許可されていました。

そのうちの一つがこの「ボーリュー・ヴィンヤード」です。

このワインはホワイトハウスの晩餐会でも60年以上飲まれ続けて来ています。

そのぐらいの歴史とアメリカ政府公認の信頼があります。

これまでの歴代大統領が飲んできたワインをこの機会にいかがですか? 

 

スペインワインとして初めて世界一位に輝いた!「クネ・リオハ・インペリアル」

 

 世界的に権威のあるワイン専門誌「ワインスペクター」において2013年、ワイントップ100の見事1位に輝きました!それもなんとスペインワイン市場初めての快挙でした。

このワインは樹齢40年以上の葡萄を収穫し、フレンチオークで発酵。熟成ではフレンチオークとアメリカンオークで合計18ヶ月。さらにその後に瓶内熟成で18ヶ月熟成させてから市場に出回ります。

凝縮した果実の甘味と酸味のバランスがよく、エレガントで長い余韻が楽しめる一本です。

 

メドック格付け3級「シャトー・ジスクール」

 

 ボルドーのグットヴィンテージ1982年!

同じ格付け3級の中でもトップクラスの人気を誇るジスクール

熟成飲み頃ジスクール!

聖なる夜にぴったりのワイン!

ぜひ、お試しあれ!

 

 

まとめ

ここまでクリスマスにおすすめの赤ワインをご紹介してきました。

もちろんクリスマス以外に飲むにもおすすめのワインたちです。

1000円台のお手頃な価格のワインから10000円超えのプレミアムワインまでご紹介しました。

お気に入りの一本は見つかったでしょうか?

ワイン選びの参考になれば幸いです。